【おすすめ】ヨーグルトリキュール「カクテルで楽しむヨーグルト」

カクテル

朝食のお供や、普段気軽に楽しめる飲むタイプなど、好きな人も多い「ヨーグルト」

その他、お酒でも楽しめるのがヨーグルトを原料に造られたヨーグルトのリキュール(お酒)です。

一言にヨーグルトのお酒といってもその種類も多くあります。

日本でも日本酒をベースに、ヨーグルトを原料として造られているものが多くあり、フルーツ系のフレーバーが入ったものなど様々。

特に「食べるリキュール」としても有名な山形県、楯の川酒造の「子宝ブランド」。

その子宝ブランドのヨーグルトリキュールは日本で最初の商品化でも話題となりました。

今回は、数あるヨーグルトリキュールの中で、特にカクテルとしても楽しめるおすすめを紹介します。

またおすすめの楽しみ方もご紹介するので、ご参考になればと思います。

おすすめヨーグルトリキュール

種類の多いヨーグルトのお酒。

ここでは特にカクテルとしても楽しめ、個人的にもおすすめをご紹介します。

こちらを参考に、好みを探して頂ければと思います。

ヨーグリート

カクテルの定番としてもよく使われ、その可愛いボトルデザインはパッと見てもその存在感を感じるのがこちら

オランダ生まれのヨーグリートはプレーンヨーグルトのフレーバーを持つリキュール。

ヨーグルト本来の爽やかさが特徴で、アルコール度数も16%と比較的低め。

アルコールが苦手な方でも楽しみやすいリキュールです。

「ボルス」ヨーグルト

スタイリッシュなボトルデザインのこちらもオランダ産のヨーグルトを使用したリキュール。

リキュールで有名な老舗メーカー「ボルス」のシリーズの1つであるヨーグルトリキュール。

クリーミィでなめらかな口当たりと爽やかな酸味と甘みがマッチした味わいが特徴です。

「ベレンツェン」トロピカル・ヨーグルト

ベレンツェンは1758年設立の歴史あるドイツの老舗リキュールメーカー。

創業当初からドイツの地酒であるコルンを造っており、コルンをベースにした様々なフレーバーのリキュールなどを造っています。

このトロピカルヨーグルトもその1つで、トロピカルフルーツエキスを配合した、ヨーグルトのリキュール。

クリーミーでコクのある味わいと甘酸っぱいフルーツの風味が特徴です。

「菊水」ヨーグルトのお酒

こちらは特に贈り物や女性におすすめのリキュール。

可愛いデザインで楽しみ方にも幅が広がるヨーグルトリキュールです。

濃厚なヨーグルトの味わいとフルーティーな風味、爽やかさと酸味のバランスがよいこちらは菊水酒造のヨーグルトのお酒。

アルコール度数を5%とお酒が苦手な方でも楽しみやすいお酒なので好みに合わせて、また女子会などの飲み会にも活躍しそうなお酒です。

楽しみ方

そのまま氷を入れてロックスタイルでも楽しめるヨーグルトリキュール。

また、カクテルとしても楽しめる万能なお酒です。

ミルクはもちろん、ヨーグルトとも相性が良いヨーグルトリキュールはフルーツとの相性も抜群。

その他、ソーダなどの炭酸で割ってもさっぱりとして飲みやすくなります。

おすすめはベース1に対してフルーツジュースや炭酸を3〜4の割合がおすすめのバランス。

ご参考に、お好みによって調整して頂ければと思います。

またカクテルのベースではなくアクセントとしても重宝できるヨーグルトリキュール。

特にフルーツ系のお酒をベースにアクセントとして少量使用するだけでコクと深みと酸味のさっぱりとしたカクテルが作れます。

おすすめのカクテルレシピ

レシピ

・ベースリキュール・・・30ml(カシス、ピーチ、マンゴー、などのフルーツ系)

・ヨーグルトリキュール・・・15ml

・生クリーム・・・15ml

・ミルク・・・30〜40ml

作り方

材料を全てシェイカーに入れ、よく混ざるようにシェイクし氷を入れたグラスに注ぐ。

シェイカーが無い場合そのままグラスに材料を注ぎ、マドラーなどで混ぜても。

その際、お酒とミルクや生クリームが混ざりにくいので良く混ぜてください。

まとめ

今回は、ヨーグルトのお酒をご紹介しました。

種類も沢山あり、それぞれ特徴があるので、特におすすめをここではいくつか紹介しました。

また合わせて、楽しみ方と、好みにあった飲み方を、参考にして頂ければと思います。

カクテルなど、飲んで楽しむ意外にもデザートやフルーツのソースはもちろんヨーグルトにかけても楽しめるヨーグルトリキュール。

興味がある方は是非試して頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました