ドイツ産【ウンダーベルグ】とは「薬草酒の飲み方・カクテル」まとめ

ジン

数ある薬草系のお酒の中で、特に個性的なお酒がドイツ産の「ウンダーベルグ」です。

容量が20mlと少量で、小柄でオシャレなボトルですが、味わいは強力な一本です。

今回はそんな薬草酒「ウンダーベルグ」についてご紹介したいと思います。

ウンダーベルグとは

見た目にもオシャレなウンダーベルグは1846年、フーベルト・ウンダーベルクによってつくられた薬草酒です。

詳細は不明ですが、世界43ヶ国から集めた40種類以上の上質な天然ハーブやスパイスを高濃度のアルコールで抽出し、熟成させたもの。

1949年に紙に包まれた20mlの小瓶で売られているのが主流となりました。

アルコール分44%と高いアルコール度数、爽快で苦味の強い味わいのハーブの香りが豊かなのが特徴です。

生産国であるドイツでは1日に100万本が消費されており、胃薬や二日酔いに効くとされ、愛飲者も多いお酒です。

イメージもお酒というよりも薬に近いかもしれませんね。

ウンダーベルグの飲み方

ラベルに「楽しい食事の後に~さわやかで爽快な気分になります。」と書いてあるぐらいなので、イメージは食後酒として楽しまれるようです。

好きな方はストレートで楽しむそうですが、上記でも説明した通り、強力な味わいと、高いアルコール度数で苦手な方も多いと思います。

公式として、おすすめされているのは、※炭酸系で割って楽しむ方法です。

※ソーダ・ジンジャーエールなどですが、コーラやトニックウォーターでも良いと思います。

また、レモンなど柑橘系を少量加えると、更に楽しみやすくなると思います。

カクテルとしては、ジンベースにウンダーベルグを使用したカクテルがあります。

それがジンベースカクテル「アイアンマン」です。

アイアンマン・レシピ

レシピ

  • ドライジン   30ml
  • ウンダーベルグ 20ml
  • アンゴスチュラビターズ 2dashes
  • 炭酸水(ソーダ)    適量

作り方

グラス(コリンズグラス)に氷を入れる。

材料を順に注ぎ、最後にソーダで満たしてステア(混ぜて)して完成。

※あれば最後にレモンピールを振りかけると爽やかに。

▼こちらの動画で作り方を紹介していました。

【アイアンマン】ウンダーベルグを使って、鉄人を作る!【素人カクテル】

味わいとして甘みが少ない分、ドライな味わいと豊かなハーブを感じます。

まとめ

今回は。ドイツ産の薬草酒「ウンダーベルグ」をご紹介しました。

20mlと少量に紙に包まれたボトルがオシャレなお酒です。

ただ、味わい、アルコール度数と共に、強力なのが特徴。

海外では、胃薬や二日酔い防止としても食後酒として飲まれているそうです。

日本の場合、お酒を薬代わりに飲むという事がないので、あくまで、参考と、特にハーブ系、苦味が好きな方が楽しむお酒としてご紹介しています。

興味本位でのおすすめはしませんが、興味がある方の参考になればと思います。

▼関連記事としてこちらもあわせてどうぞ

・禁断のお酒【アブサン】とは「魅了され続けた歴史とその飲み方」

・苦味酒【ビターズ】とは「カクテルを更に美味しくさせる使い方」

・【ドランブイ】とは「ドランブイを使ったカクテル・楽しみ方」

コメント

タイトルとURLをコピーしました