【おすすめ】ギリシャのお酒を楽しむ

ブランデー
スポンサーリンク

年間を通して温暖な国の一つであるギリシャ。

古代文明の国とも呼ばれ、ギリシャは神々が住む場所といわれています。

例えば、アクロポリスの丘にあるパルテノン神殿や、世界遺産に登録されている絶景のメテオラ修道院群などは有名な場所ですよね。

また、白壁の家が連なるなんとも魅力的な、エーゲ海の島「サントリーニ島」など、その美しい風景と、神々の大地は一度は行ってみたい国ですよね。

そんなギリシャですが、国民酒や特産酒が数多くあり、いくつか日本でも入手、楽しむことができます。

今回は、日本にいながら楽しめるギリシャの代表的なお酒として、おすすめをご紹介します。

国民的なお酒OUZO(ウゾ)

まずご紹介するのは、ギリシアとキプロスで生産され、世界的にも有名なウゾ(ウーゾとも言います)。

「神のお酒」とも呼ばれるギリシャの国民的なお酒はで、アニス系と呼ばれる香草、バーブ類のリキュールの総称です。

潰したブドウやレーズンを原料に蒸留したグレープ・ブランデーをベースにしたリキュール。

特徴的な香りをもつアニス(あるいはスターアニス)をはじめとする様々な材料を加えます。

※コリアンダー、クローブ、アンゼリカ、スペインカンゾウ、ミント、冬緑油、ウイキョウ、ハシバミ、シナモン、ライムの花といったハーブやベリー類なども生産地や場合よっては加えます。

アニス(スターアニス)とは?

アニス (anise, Pimpinella anisum) はセリ科の一年草。古くから香料や薬草として利用されてきた。原産地はアナトリア半島、ギリシア、エジプトといった地中海東部地域である。

出典-ウィキペディア

スターアニスは、アニスとは香りが似ていますが別のバーブ

「八角」とも呼ばれるスターアニスは中国原産のモクレン科の木の実です。

アニス系の香り・味わい

先ほどから何度も登場している「アニス系リキュール」、ピンとこない方も少なくないと思います。

アブサンやペルノと言ったバーブ系のリキュールを好んで飲まれる方はきっと同じようにすぐに馴染めるお酒です

イメージとして、薬にも近いハーブ特有の香りとスーっと爽やかなメンソールのような味わい。

初めての方にとっては、香りや味わい共に、特有のクセが強く、最初の時点で苦手になる方もいますが、飲み慣れてくるとその独特な甘さと苦味がクセになります。

ウゾのおすすめの飲み方

面白い特徴があるアニス系のリキュールはウーゾ効果または自然乳化という現象があります。

アニスで香りを付けたリキュールやスピリッツを水などで割ると油分が水に反応し乳化作用により白濁するのが特徴です。

それを踏まえて、おすすめの飲み方はストレート以外に氷を入れたロックや水割り

意外にもフルーツ系とも相性が良いのでジュースで割ると更に飲みやすくなります。

基本的には食前酒として扱われますが、料理と合わせるなら、魚介系の料理に合います。

日本でも買える有名なウゾの銘柄はこちら

ウゾ12は二度蒸留され、10種類以上のハーブとスパイスを使用。12番目の樽から常に最高のウゾができることから、「ウゾ12」と命名しました。

ギリシャ国内では最も消費の高い国産酒として有名です。

オシャレな陶器ボトルのメタクサ

メタクサはギリシャのペロポネソス半島産のサヴァティアーノ種の白ブドウを原料に白ワインから作られるブランデーです。

単式蒸留機で蒸留した後、オーク樽で熟成させ、色着いたブランデーとブレンドされます。

独特の風味と味わいをもたらす植物エキスと甘味料(バラの花びら、数種のハーブから抽出される自然のエッセンス)を加え、再びオーク樽に詰められます。

最低でも1年は熟成させる為、一般的なブランデーにはない、甘くまろやかな香りとなめらかな口当たりが特徴です。

ギリシャの蒸留酒メーカーとしては最古の歴史を持ちます。

酒の輸出でも、ギリシャNo1の実績のあるメタクサには熟成年数などによりいくつか種類があります。

その中でも目を引くのはグランド・ファインという15年以上熟成の原酒を色鮮やかな陶器瓶につめたも。

神話に出てきそうなオシャレなボトルと熟成されたその深く複雑な味わいは一度は試してみたい一本です。

メタクサのおすすめの飲み方

扱いはあくまでブランデーとしてストレートやロック、まろやかな口当たりからソーダやジンジャーエールで割ればアルコールも抑えられ飲みやすくなります。

ギリシャ初のクラフトビール

各国、クラフトをはじめ沢山の数がある「ビール」。

ギリシャにも特徴あるビールが様々存在します。

ここで紹介するのはそんなギリシャのビール業界から新しい風として登場したビール。

ロバのラベルが可愛い「イエロードンキー」です。

今ひそかに注目されているクラフトビール「イエロードンキー」はサントリーニ島で作られる新しいビールです。

独自の材料のブレンド、製造により生まれたこのビールはシトラス風味、苦味などのバランスが良いフルーティーで爽やかなのが特徴です。

思わず、海などの水辺やビーチなどその爽やかさと共に外でも楽しみたくなる一本です。

まとめ

ギリシャのお酒は他にもウゾのようなアニス系の香りをつけていない蒸留酒のチプロやギリシャビールのFIX。

また世界で最も古いワインの生産国の一つでもあり、ギリシャワインなどギリシャ特産のお酒は数多く存在します。

ただ中には日本では販売しておらず入手できないお酒もあります

今回はその中でも日本で入手可能なおすすめをご紹介しました。

ギリシャに行った気分になれるかどうかは別ですが、ギリシャのお酒を通じていろいろ調べてみるのは楽しいと思います。

ご参考に世界のお酒に触れてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました