【貴腐ワイン】とは「貴腐ワインのおすすめ・飲み方」まとめ

ハウツー
スポンサーリンク

帝王のワイン』とも呼ばれるワインがあるのをご存知でしょうか?

それが今回ご紹介する、高貴といわれるワイン『貴腐ワイン』です。

最初から「帝王」、「高貴」といわれるとなんともすごく高級なイメージがつきそうな貴腐ワインは、食前酒やデザートワインとして飲まれる甘口ワインの一つです。

もちろん高貴といわれるだけあり、有名な産地、ヴィンテージものなどはそれなりに値段もしますので、もしかしたら"高い=美味い"というイメージを持つかもしれません。

ただ、必ずしもそうではない事も知って頂くために、今回は貴腐ワインについてと、おすすめ、楽しみ方をご紹介し知識として、また選び方のご参考になればと思います。

貴腐ワインとは

高貴なる腐敗』と書く貴腐ワインは、貴腐ブドウという名前の通り、腐敗したかに見えるブドウから造られます。

そこだけ聞くと味はどうなの?と疑問になりそうですが、貴腐ワインはその外見からは想像できないほどの芳香と風味、そして果実の甘みが楽しめるのが特徴の極甘口、甘口の白ワインです。

貴腐ワインの世界にも有名な産地があり、その世界三大貴腐ワインにあたるのがフランス、ボルドーの『ソーテルヌ』、ドイツの『トロッケンベーレンアウスレーゼ』、ハンガリーの『トカイ・アスー・エッセンシア』です。

貴腐ワインに使われる貴腐ブドウとは

皮の薄いブドウのリースリング、セミヨン種などの果皮貴腐菌(ボトリティス・シネレア菌)がつくことで、貴腐ブドウはできます。

この菌が果実の水分を蒸発し、果汁の中の成分が濃縮され、表面はカビたようになり、中はしなびた干しぶどうのようになるのです。

この状態を「貴腐果」や「貴腐ブドウ」と言います。

カビだらけのまま収穫されてワインが造られるので、この菌により特徴となる複雑で、蜂蜜にも似た独特の香りを持つ貴腐ワインが生まれ、 また貴腐ブドウにより、果実そのものからでる砂糖にはない高い糖度の糖分が、自然のコクと後味をスッキリさせます。

おすすめと楽しみ方

高級ワインとも言われますが、ヴィンテージによっても値段は様々。

世界三大貴腐ワインの一つであるフランスの貴腐ワイン産地、ソーテルヌのシャトーディケムはその希少価値から5万〜10万円と最高級である事を示しています。

同じソーテルヌでもヴィンテージによっては比較的安価なのに美味しい貴腐ワインも数多くあり、価格は2千〜1万円前後

比較的安価でも美味しいものが多く、温度でいうと、やや冷やしすぎない程度(約7〜8℃)で飲むのが香りも華やかでゆっくりと楽しめます。

あくまで個人的な見解です。興味がある方は実際試して好みを探して頂ければと思います。

暑い日はあえてキンキンに冷やしても。またアイスなどに少量かけて贅沢なスイーツにするのも楽しみ方としてはおすすめです。

またチョコレートとも相性が良く、逆にブルーチーズのような塩気の強いもの合います

まとめ

今回は『帝王のワイン』、『高貴な腐敗』と呼ばれる貴腐ワインについてご紹介しました。

高級なイメージもありますが、その分自分へのご褒美や、贈り物としても喜ばれる存在です。

甘口のワインなので好みはあると思いますが、楽しみ方もいろいろあるのでご興味がある方は是非試して頂ければと思います。

リフレッシュしたい時、寝る前やゆっくりしたい時に。

ホッと一息つける様なゆっくりとした時間と一緒に、贅沢に味わいたい大人のスイーツ、貴腐ワインのご紹介でした。

ご参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました