ジンベースカクテル【Atty:アティ】レシピ・作り方

カクテル

ジンベースカクテル「Atty:アティ」をご紹介します。

イメージとして、マティーニを複雑にしたようなカクテルですが、技法としてシェイクをして作るカクテルです。

アクセントにアブサンの鼻にぬけるような爽やかさがありつつも、ヴァイオレットリキュールと共に香草やハーブが加わることで華やかな印象があります。

アルコールは、やや強め、胃を刺激するという意味で「食前酒」とされています。

アティは「 attorney」 の省略形で、弁護士や検察という意味があります。

ドライでシャープな味わいとその中に香る刺激的なハーブ感はそのイメージも納得できるようでした。

レシピを含めてご参考になればと思います。

▼作り方の動画はこちらから

【メイキング】Atty(アティ)作り方【サボイカクテルブック】

「アティ/Atty」カクテルレシピ

材料

・ドライ・ヴェルモット・・・1/4 (15ml)

・アブサン・・・3dash.

・ドライ・ジン・・・3/4 (45ml)

・クレームド・ヴァイオレット・・・3dash.

作り方

シェイカーにすべての材料と氷を入れてシェイクする。

カクテルグラスに注いで完成。

参考として、分量については、世界中のプロのバーテンダーが愛読し、バイブルとなっているカクテルブック「サヴォイ・カクテルブック」を参考にしています。

海外のカクテルブックなので、カクテルにおいて日本との総量や分量などが違います。

材料を参考に分量は好みに合わせて調整して頂ければと思います。

まとめ

今回は、ドライな印象があるジンベースカクテル「アティ」をご紹介しました。

食前酒とされていますが、アルコールが強めで甘さも少ないのが特徴です。

その中に、アブサンやヴァイオレットが入ることで、複雑な香りや味わいがあるので、面白いカクテルでもあります。

特に、ジンベースカクテルがお好きな方、アブサンのカクテルがお好きな方のご参考になればと思います。

▼関連としてこちらの記事も合わせてどうぞ

・禁断のお酒【アブサン】とは「魅了され続けた歴史とその飲み方」

紫色リキュール【パルフェタムール】とは「おすすめカクテルレシピ」

・【ベルモット】とは「カクテルに欠かせないベルモットの楽しみ方」

コメント

タイトルとURLをコピーしました