テキーラベース【マルガリータ】カクテルレシピ・アレンジまとめ

カクテル

テキーラと聞くと、その独特な香りと味わいに、苦手意識を持つ方やショットで飲むという強いお酒や乱暴なイメージを持たれている方も少なくないと思います。

実は、カクテルとして楽しむと、そんなイメージも変わります。また柑橘系と相性が良く、テキーラサンライズなど見た目も鮮やかなスタンダードカクテルもあります。

今回はその中でもスペイン語の女性人名がついた【マルガリータ】というテキーラベースのカクテルの作り方、楽しみ方をご紹介したいと思います。

テキーラについてはこちらから

【テキーラ】とは「解説とおすすめカクテルレシピ」まとめ
個性豊かな特徴のお酒「テキーラ」。テキーラは、メキシコの特産酒であり、ジンやウォッカ、ラム酒と並んで4大スピリッツの一つでもあります。ショットで飲むイメージがあり、アルコール度数も高くあまり良いイメージを持たれていない方も...
スポンサーリンク

マルガリータのレシピ・作り方

シェイカーを使うショートカクテルのマルガリータはレシピや作り方はシンプルですがアレンジやベースのテキーラによっても味わいに変化があり奥の深いカクテルです。こちらの基本をベースにオリジナルやお店によって違う味わいを楽しんで頂ければと思います。

レシピ

・テキーラ…30ml(テキーラはシルバーが理想)

・コアントロー…15ml(オレンジ風味のリキュール)

・ライム果汁…15ml

・塩…少量【マルガリータソルトがおすすめです)

作り方

・シェイカーに塩以外の材料と氷を入れシェイクする。

・カクテルグラスのふちのライム果汁(分量外)を濡らす程度つけて塩をふちにつけてスノースタイルにする。

・シェイクしたカクテルをグラスに注いで完成。

ふちに濡らす果汁はレモンでも可。公式レシピとなっているそうなのでコアントロー、ライム果汁は必須ですが、お好みでアレンジするのも面白いと思います。

また柑橘をおさえたい場合、テキーラを40mlに、コアントロー、ライム果汁を10mlするとさらにすっきりとした形になります。

塩はマルガリータソルトがおすすめですが、岩塩などお好みで。

またこちらの動画内でも作り方を紹介しています。ご興味がある方は是非ご覧ください。

カクテル「マルガリータ」の作り方 | How to make a "Margarita"
スポンサーリンク

アレンジレシピ

上記のレシピを元に材料を少し変えてアレンジしたカクテルもあり、楽しみ方が多い【マルガリータ】のおすすめをいくつかご紹介したいと思います。

ブルーマルガリータ

コアントローの代わりにブルーキュラソーを使用。色もブルーが鮮やかなカクテルになります。

ミドリマルガリータ

コアントローの代わりにミドリ(メロンリキュール)、ライム果汁の代わりにレモン果汁を使用した甘さっぱりなカクテルです。コクを出すために、シロップを少量しようしても良いと思います。

フローズンマルガリータ

マルガリータをシャーベット状にした暑いときにも最適なカクテルです。

上記マルガリータの分量に砂糖もしくはシロップを少量いれ、クラッシュアイス適量(小匙二杯程度)をミキサーへかけて作ります。

さらにミドリやブルーマルガリータでもおすすめです。

番外(ゴールデンマルガリータ)

こちらはカクテルではなくそのままストレートや氷を入れたロックスタイルでも楽しめるボトル。

さっぱりとしたグレープフルーツや柑橘系マルガリータのイメージで、強いお酒が苦手な方でも入りやすい一本です。

まとめ

【テキーラ】と聞くとあまり良い印象を持たない方も少ならからず伊ryと思いますが、カクテルとして楽しむとその印象が変わり、中には好きになる方もいるのではないでしょうか?一言のテキーラといってもその種類は多く、熟成されたものや、ブランドによっても様々。

またこれは余談ですがBARなどで面白がってテキーラショットを頼まれると良い顔されないどころか、断られる場所もあるそうなのでこちらはご参考までに。※好きなものを好きに楽しむのは良いと思いますが最低限のルール、マナーは守りましょう。

乱暴に扱われやすいテキーラの優しい楽しみ方の一つとしてご紹介しました。ご参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました