ボンドマティーニ【ヴェスパー】映画007でお馴染みのカクテルをご紹介

ウォッカ

甘いマスクに華麗な作戦から繰り広げられるスパイ映画の金字塔といえば【007】シリーズです。

そのシリーズの中で、主人公『ジェームズボンド』の有名なセリフとして

「 マティーニをステアはせずにシェイクで 」

と注文してカクテルの王様と呼ばれるマティーニがシリーズ一作目から登場しています。

それが通称【ボンドマティーニ】と呼ばれる特別なカクテルです。

また、2006年に公開された007シリーズの『カジノロワイヤル』では恋人役(ボンドガール)で登場するヴェスパー・リンドにちなんでつくられたカクテル【ヴェスパー】という名前でボンドマティーニが登場しレシピも明らかになります。

更にジェームズボンドは、このカクテルにちなんで、ボンドガール・ヴェスパーに向けた言葉が「一度味を知るとこれしか飲みたくない」という格好いいセリフ付き。

この作品のシリーズではジェームズボンドは様々なマティーニを注文するため、一概にすべてが【ヴェスパー】というカクテルではないそうですが、今回はボンドマティーニ【ヴェスパー】に焦点をあてて通常のクラシックカクテルであり、カクテルの王様と呼ばれる【マティーニ】との違いを比べながらご紹介したいと思います。

この記事をご参考に、話のネタとして、また映画のストーリーと共に楽しむ為の一つとなればと思います。

スポンサーリンク

マティーニとの違い

通常のマティーニは基本的に、

・ドライジン45~50ml

・ドライベルモット…10~15ml

※オレンジビター…1dash(レシピとして加えない場合があります)

・オリーブ(飾り用)…1個

氷を入れたミキシンググラスにオリーブ以外の材料を注ぎステア(混ぜる)

カクテルグラスに注ぎカクテルピンにさしたオリーブを入れて完成。

というレシピ、作り方となっておりますが、ボンドマティーニ【ヴェスパー】は後でご紹介しますが、レシピも少し違いがあり、上記で触れたセリフの通り、作り方もシェイカーでシェイクしてつくられます。

ここで作り方の違いですが、ステア(混ぜる)で作った場合、全体の液体を空気にあまり含ませないようすることで、素材の味を引き立て、また静かに手早く混ぜることで薄くなりにくく、基本的にシャープなイメージとなります。

シェイカーを使ってシェイクする場合、氷が溶け加水しつつ空気を含ませる為、まろやかでマイルドな味わいのイメージとなります。

▼ジンについてはこちらから

【クラフトジン】とは「今、注目のスピリッツ・ジンについて」

▼ベルモットについてはこちらから

【ベルモット】とは「カクテルに欠かせないベルモットの楽しみ方」

スポンサーリンク

ボンドマティーニ【ヴェスパー】のレシピ

【ヴェスパー】レシピですが、本来「キナ・リレ」という食前酒として飲まれていたベルモット(白ワインベースのリキュールもしくはフレーバードワイン)を使うのですが、すでに終売となっており手に入らない為、「リレ・ブラン」が代用として作るレシピが検索すると出ています。

・ドライジン…90ml

・ウォッカ…30ml

・キナ・リレ(リレ・ブラン)…15ml

・レモンの皮…一片※飾り用

レモンの皮以外のすべての材料と氷を入れてシェイクする。

カクテルグラスもしくは細長いシャンパングラスに注ぎ薄くカットしたレモンの皮を浮かべ完成。

分量からも分かるようにお酒の量が多く、日本人向けのレシピではないので、もしつくられる場合は分量を減らす、変更することをおすすめします。

また、動画でも作り方など解説している動画があるので気になった方、もっと詳しく知りたい方はこちらも是非ご覧ください。

【Vesper Martini】007のヴェスパーマティーニを再現【素人カクテル】

注意点

上記のカクテル及び、マティーニは、お酒+お酒で造るカクテルの為、アルコール度数も高く、そもそもジンがお好きでないと飲みずらい上級者向けカクテルです。

気になる方は、まずジンが好みかどうかから入ってい頂き、アルコール度数が低いジンベースカクテルから楽しんで頂き、マティーニを楽しむ為の準備をして頂ければと思います。

まとめ

今回は映画007でお馴染みのカクテルボンドマティーニ【ヴェスパー】をご紹介しました。

映画を見ながらその世界に触れるのも楽しいと思いますが、アルコール度数高い上級者向けのカクテルでもあります。飲み方には注意しながら適度に楽しみ、007の世界観に少し触れて楽しんで頂ければと思います。

▼こちらの記事も合わせてどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました