【テキーラ】とは「解説とおすすめカクテルレシピ」まとめ

カクテル
スポンサーリンク

個性豊かな特徴のお酒「テキーラ」。

テキーラは、メキシコの特産酒であり、ジンやウォッカ、ラム酒と並んで4大スピリッツの一つでもあります。

ショットで飲むイメージがあり、アルコール度数も高くあまり良いイメージを持たれていない方も少なくないと思いまうす。

実際、メキシコではテキーラをショットで一気に口にし、ライムをかじり、最後に塩を舐めるという口の中でカクテルを作って楽しむ飲み方があります。

ただそれも正しい知識と理解が無いと、ただの罰ゲーム。

楽しいお酒とは言えないですよね。

そんなイメージを持つ前にと、今回はそんなテキーラの正しい知識と、ショット以外にも楽しめるおすすめやカクテルをご紹介します。

この記事を参考に少しでもテキーラのイメージがよくなればと思います。

テキーラとは

1968年のメキシコオリンピックにより、世界的に広まったテキーラ。

『竜舌蘭:りゅうぜつらん』(ヒガンバナ科)というサボテンと同じ多肉植物の一種を原料とし、その竜舌蘭の茎を発酵し蒸留して造られたも。

そんなテキーラは、独特の香りとまろやかな風味が特徴です。

※メキシコでは竜舌蘭をアガベと呼ばれています。

テキーラ(スペイン語: Tequila)とは、メキシコ国内のハリスコ州とその周辺で、アガベ・テキラナ・ウェベル・バリエダ・アスル(Agave Tequilana Weber Variedad Azul:アガベ・テキラーナ・ウェーバー・ブルーは同じ)と呼ばれる竜舌蘭(Agave, アガベ/アガヴェ)から造られる蒸留酒。メスカルの一種であり、正確にはメスカル・デ・テキーラ(mezcal de tequila)となる。

出典-ウィキペディアーテキーラより

テキーラの種類

テキーラにも他のお酒と同様に、たくさんの種類があります。

透明なものからウィスキーのような琥珀色のものなど様々です。

違いとして、蒸留後に移すタンクや樽によるものや、熟成期間によっても違いがあります。

ここでは個人的なおすすめと合わせて、その種類を簡単に解説していきます。

テキーラ・ブランコもしくはホワイト(シルバー)テキーラ

ステンレスタンクに短期貯蔵後、加水して調整した無色透明のテキーラ。

シャープな香りともっともテキーラらしい特徴があり、カクテルにも最適。

テキーラ・レポサドもしくはゴールドテキーラ

オーク樽に移され2ヶ月以上樽熟成されたもの。

ほのかな樽の香りと深み、やや黄色みがかった色合いが特徴のテキーラ。

テキーラ・アネホ

オーク樽に一年以上熟成されたもので、樽の香りとテキーラの特徴でもある個性的な香りもよりまろやかになり風味の良い。

上記のテキーラはご参考にと紹介した一部であり、産地、メーカー共に様々なテキーラがあります。

その一つ一つに個性と楽しみ方があるので気になった方は是非いろいろ探してみて頂ければと思います。

おすすめのカクテル

テキーラによっては高級テキーラといわれるものもあり、香りや味わいを楽しむために、ワイングラスなどの口のひろいグラスでゆっくりストレートやロックで楽しむという飲み方もあります。

ただ、そのままはちょっと苦手、という方も少なくないと思います。

そんなテキーラは、カクテルにして楽しむことにより、印象も変わると思います。

ここでは、数あるテキーラベースのカクテルの中からいくつかおすすめをご紹介します。

マルガリータ

スタンダードカクテルのテキーラベースの中で、もっとも有名なサッパリとしたショートカクテル。

テキーラをベースに、オレンジ風味のお酒とライムをシェイク、グラスのふちに塩を付け注がれるカクテルです。

こちらでも詳しく紹介しています。

テキーラベース【マルガリータ】カクテルレシピ・アレンジまとめ
テキーラと聞くと、その独特な香りと味わいに、苦手意識を持つ方やショットで飲むという強いお酒や乱暴なイメージを持たれている方も少なくないと思います。実は、カクテルとして楽しむと、そんなイメージも変わります。また柑橘系と相性が...

ミドリマルガリータ

スタンダードのマルガリータに使われるオレンジ風味のお酒をメロンのお酒に変えたカクテル。

メロンの優しさ甘さがプラスされたなめらかでフルーティーな香りのカクテル。

マタドール

テキーラをパイナップルジュースとライムで割ったカクテル。

フルーツの酸味と甘さが口当たりを良くしたアルコール度数も抑えたカクテル。

テキーラサンライズ

メキシコの燃え上がる太陽をイメージした定番カクテル。

このカクテルはテキーラをオレンジで割り、グレナデン(ザクロのシロップ)を沈めたマルガリータと共に有名なロングカクテルです。

オレンジジュースで割っている分アルコール度数も低めであり、グレナデンシロップの甘さがバランス良く、初心者が入りやすいカクテルでもあります。

アイスブレーカー

グレープフルーツジュースにオレンジ風味のお酒が入りグレナデンを沈めたさっぱりとしたカクテル。

こちらもフルーティな味わいで、テキーラサンライズ同様に楽しみやすいカクテルです。

他にもトマトジュースで割ったストローハットや、オレンジジュースが入ったブロードウェイ・サーストなど様々あります。

刺激の強いものと相性が良いテキーラも実はフルーツ系などにも非常に相性がいいのもテキーラの特徴です。

まとめ

テキーラと聞くだけで、個性が強くショットでというイメージも強くありがちです。

そんなテキーラも、実はゆっくりも楽しめ、またフルーツ系と合わせると急に親しみやすくなり、そのイメージも変わると思います。

また飲む場所によってはショットでは提供されない事もあります。

テキーラの知識や楽しみ方を知ることで、実は好みだったりするかもしれませんね。

ご参考に、ご興味がある方は新しいテキーラの楽しみ方として、試して頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました