【日本酒ハイボール】日本酒に炭酸割りが合う具体的な根拠

カクテル

日本酒って割ってもいいお酒なの?

日本酒は割らずに、冷やして、または熱燗で…というイメージをお持ちの方が多いと思います。

もちろんそのまま飲んでも美味しいですが、最近は日本酒を「割る」という飲み方が増えてきています。

おでんの出汁で割ったり、ミネラルウォーターで割ったりと、多種多様な飲み方が存在します。

そもそも、日本酒自体、原酒をお水で割って造られているものが多いので、どんな飲み方でもかまわないと思います。

お酒の飲み方は個人の自由!!!

さて、今回紹介する飲み方は、「日本酒ハイボール」

簡単に言うと日本酒の炭酸割りですね。

どんなものか見ていきましょう。

スポンサーリンク

日本酒ハイボールのメリットとデメリット

日本酒ハイボールのメリットとしては、何と言っても飲みやすくなることです。

日本酒は通常15~16度、濃いものだと20度近くなるので、お酒が弱い方だと、敬遠しがち。

ですが、炭酸で割ると8~10度ほどになるので、チューハイなどと大差ない度数になります。

また、炭酸で割ることによって爽快感がグンとアップします。

本来のウイスキーで割るハイボールよりも飲みやすいのが特徴となります。

逆にデメリットとしては、割る日本酒によっては、日本酒の味がどうしても薄くなってしまうこと。

ですが、それならばアルコール度数が高く、甘味や旨味が強いお酒を選べばいいだけのこと。

ここではハイボールにしてもおいしいおすすめの日本酒も紹介します。

秋田県 佐藤酒造店 「出羽の冨士」

本記事でご紹介するのは、秋田県由利本荘市の「出羽の冨士」。

お酒のスペックはこのようになっています。

名称 :出羽の冨士(でわのふじ)

分類 :純米吟醸酒

原料米        :美山錦

精米歩合      :60%

アルコール度数:16度

日本酒度      :-2.5

酵母     :AKITA雪国酵母(UT-1)

(ラベルより記載)

このお酒の特長は、何と言っても甘味と旨味が強烈なこと。

その味わいはまさに濃醇旨口。

かなり好みが分かれるお酒だと思います。

ですが、このお酒を炭酸で割って、レモンを絞ると絶品です!

すごく飲みやすくなりますし、レモンの香りが絶妙です。

なぜこんなにもおいしくなるのか?

そこには具体的な根拠があります。

根拠①:甘味と旨味が強いので、炭酸で割っても、薄く感じない

根拠②:酸味と苦味が弱いので、レモンの味で「補完」できる

根拠③:お酒の吟醸香とレモンのフレッシュな香りが「同調」する

(「補完」「同調」は日本酒のペアリングの知識です。別記事で解説します!)

簡単に言うと、濃い日本酒を炭酸で割って飲みやすくした上に、

お酒の特性とレモンがベストマッチする、ということですね。

スポンサーリンク

おススメ日本酒ハイボールの作り方

①大きめのロックアイスをグラスの7分目まで入れる

②日本酒をグラスの半分よりちょっと少ない程度、注ぐ

③炭酸水を日本酒と同じ量、注ぐ。

④くし切りにしたレモンを絞る。(1/6個ほどがベスト)

⑤3~4回ほど、氷を持ちあげるようにして、優しく混ぜる

日本酒が重くて、下に沈んでしまうため、混ぜる回数は多めに。

イメージとして、がしゃがしゃ混ぜてしまうと、炭酸が抜けてしまうので、そっと、やさ~しく混ぜるのがポイント。

なお、強炭酸水で割るのがおススメ。

このお酒、ハイボールにすると本当おいしいので、ぜひ試してみてください!

なかなか出回らないお酒ですが、通販もやっているようです!

URL:https://shop.dewanofuji.co.jp/

まとめ

飲むと爽快感が増す日本酒ハイボールは、これからの夏の季節にピッタリです。

緊急事態宣言もあって、外で飲めないこのご時勢、家で日本酒ハイボールを飲んですっきりするのも良いですよね。

是非ご参考に気になった方は試して頂ければと思います。

今回のお酒は、日本酒のプロである、きき酒師にも飲んでもらい、テイスティングシートを作ってもらいました!

テイスティングシート

この日本酒がハイボールにするとおいしい根拠がぎっしり!(笑)

飲み方や、おススメ料理なども載ってますので、参考にどうぞ!

▼こちらの記事も合わせてどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました